/

ポーラHD、純利益4期連続で最高 17年12月期

ポーラ・オルビスホールディングスが14日発表した2017年12月期の連結決算は純利益が前の期比66%増の271億円だった。4期連続で過去最高となった。17年1月に発売したシワ改善効果のある化粧品が好調で、高価格帯の「ポーラ」ブランドの販売増で利益率が改善した。

売上高は12%増の2443億円。ポーラブランドは24%増の1440億円で、うちシワ改善効果のある「リンクルショット メディカル セラム」の売上高は130億円だった。訪日客需要も取り込んだ。リンクルショットと一緒に他のスキンケア商品も買われ、顧客の裾野が広がった。中価格帯の「オルビス」は既存顧客が離れる傾向が続き5%減だった。

営業利益は45%増の388億円だった。

18年12月期は売上高で前期比4%増の2530億円、純利益で3%増の280億円を見込む。リンクルショットの売上高は100億円を想定している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン