2019年2月20日(水)

2/20 7:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: マネー再び「緩和モード」 新興国債などに流入加速[有料会員限定]
  2. 2位: ファナック、「ない袖は振れぬ」発言の真意は[有料会員限定]
  3. 3位: オリエンタルランド、「新幹線」に迫る「ミッキー」[有料会員限定]
  4. 4位: それでもカリスマ 革新けん引「賞味期限」見極めを[有料会員限定]
  5. 5位: 縮んでいく株式市場 気になる自社株買いの後[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,143,272億円
  • 東証2部 75,602億円
  • ジャスダック 89,765億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率13.48倍13.88倍
株式益回り7.41%7.20%
配当利回り1.87% 1.96%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,302.65 +20.80
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
21,300 ±0

[PR]

スクランブル・フラッシュ

フォローする

株、一時2万1000円割れ 株安招いた円高の重荷
証券部 川上穣

2018/2/14 14:26 (2018/2/14 15:04更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

14日の日経平均株価は午後になって下げ幅を拡大し、心理的な節目である2万1000円を一時、下回った。東京外国為替市場で一時、1年3カ月ぶりに1ドル=106円台まで円高・ドル安が進み、輸出関連株にまとまった売りが出た。前日の米国ダウ工業株30種平均が3日続伸するなど世界的に株式相場は持ち直しつつあるが、日本株は円高に伴う業績懸念で逆行安を余儀なくされている。

14日は前日の米株高を好感し、寄り付き…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

スクランブル・フラッシュ 一覧

フォローする

読まれたコラム