2018年5月24日(木)

5/24 7:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 米国株、ダウ反発し52ドル高 利上げ加速の思惑後退 ハイテク株高い
  2. 2位: IT株冷やす在庫増 相場の底流に警戒感[有料会員限定]
  3. 3位: NY商品、原油が下落 米原油在庫の増加を嫌気 金は反落
  4. 4位: 新明和、「眠れる資産」に旧村上ファンドが注目か[有料会員限定]
  5. 5位: NY債券、上昇 10年債利回り2.99%、FOMC議事要旨受け買い強まる[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,763,840億円
  • 東証2部 100,267億円
  • ジャスダック 114,141億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.36倍 --
株価収益率15.05倍15.49倍
株式益回り6.64%6.45%
配当利回り1.58% 1.61%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,689.74 -270.60
日経平均先物(円)
大取,18/06月 ※
22,720 -240

[PR]

スクランブル・フラッシュ

フォローする

株、一時2万1000円割れ 株安招いた円高の重荷
証券部 川上穣

2018/2/14 14:26 (2018/2/14 15:04更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 14日の日経平均株価は午後になって下げ幅を拡大し、心理的な節目である2万1000円を一時、下回った。東京外国為替市場で一時、1年3カ月ぶりに1ドル=106円台まで円高・ドル安が進み、輸出関連株にまとまった売りが出た。前日の米国ダウ工業株30種平均が3日続伸するなど世界的に株式相場は持ち直しつつあるが、日本株は円高に伴う業績懸念で逆行安を余儀なくされている。

 14日は前日の米株高を好感し、寄り付き…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

NY市場の動き

相場と投資を読み解く

14日公開「記者の目」

記事の理解に役立つランキングやデータ

スクランブル・フラッシュ 一覧

フォローする

新着記事一覧

読まれたコラム