2018年2月22日(木)

2/22 23:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 米利上げ加速でも円高のなぜ[有料会員限定]
  2. 2位: 株反落、米金利高で往来相場続く 個人は「買える銘柄」探し[有料会員限定]
  3. 3位: リコー、一本足打法の見直し 資産効率の改善急ぐ[有料会員限定]
  4. 4位: イエレン氏最後のFOMC 隠されたメッセージ(NY特急便)[有料会員限定]
  5. 5位: 東証大引け 反落、米金利上昇で不安高まる アジア株安も重荷
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,575,402億円
  • 東証2部 101,609億円
  • ジャスダック 116,168億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.32倍 --
株価収益率17.36倍14.98倍
株式益回り5.75%6.67%
配当利回り1.48% 1.58%
株式市場データ

最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 21,736.44 -234.37
日経平均先物(円)
大取,18/03月
21,660 -310

[PR]

スクランブル・フラッシュ

フォローする

株、一時2万1000円割れ 株安招いた円高の重荷
証券部 川上穣

2018/2/14 14:26 (2018/2/14 15:04更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 14日の日経平均株価は午後になって下げ幅を拡大し、心理的な節目である2万1000円を一時、下回った。東京外国為替市場で一時、1年3カ月ぶりに1ドル=106円台まで円高・ドル安が進み、輸出関連株にまとまった売りが出た。前日の米国ダウ工業株30種平均が3日続伸するなど世界的に株式相場は持ち直しつつあるが、日本株は円高に伴う業績懸念で逆行安を余儀なくされている。

 14日は前日の米株高を好感し、寄り付き…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

NY市場の動き

相場と投資を読み解く

14日公開「記者の目」

記事の理解に役立つランキングやデータ

スクランブル・フラッシュ 一覧

フォローする

新着記事一覧

読まれたコラム