2018年10月23日(火)
速報 > 人事 > 記事

出光興産、木藤氏の社長昇格発表 月岡氏は会長に

2018/2/14 13:18
保存
共有
印刷
その他

出光興産の次期会長に決まり、記者会見する月岡隆社長(右)。左は次期社長の木藤俊一副社長(14日午後、東京都千代田区)

出光興産の次期会長に決まり、記者会見する月岡隆社長(右)。左は次期社長の木藤俊一副社長(14日午後、東京都千代田区)

出光興産は14日、木藤俊一副社長(61)が4月1日付で社長に昇格する人事を正式発表した。月岡隆社長(66)は代表権のある会長に就く。木藤氏は販売部門が長く、最近は経理や経営企画の責任者として月岡氏を支えてきた。経営陣の若返りが狙いだが、昭和シェル石油との合併は月岡氏が引き続き指揮し、反対を続ける創業家に話し合いで理解を求めていく。

月岡氏は2013年に社長に就任。エコカーの普及などで国内の石油製品需要が減るなか、生き残りを目指し昭和シェル石油との合併など改革を進めてきた。18年度から新たな中期経営計画をスタートさせることから経営陣の若返りを図る。

出光と昭シェルは15年7月に合併で基本合意したが、出光株の約28%を持つ出光昭介名誉会長ら創業家が反対を続けており実現のメドはたっていない。新社長となる木藤氏も昭シェルとの合併を目指す方針は変えない。

 木藤 俊一氏(きとう・しゅんいち)80年(昭55年)慶大法卒、出光興産入社。13年取締役常務執行役員、14年常務取締役、17年取締役副社長。神奈川県出身。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報