/

この記事は会員限定です

「義理チョコ」あげる?あげない? 菓子メーカーは賛否両論

[有料会員限定]

2月14日はバレンタインデー。友人や職場の同僚に「義理チョコ」を渡すべきかどうか、当日になってもまだ悩み続けている人は少なくないだろう。義理チョコの役割を巡り、チョコレート菓子メーカーらが論戦を広げている。

「日本は、義理チョコをやめよう」――。ゴディバジャパン(東京・港)は今月1日付の日本経済新聞朝刊にこんな広告を載せた。「そもそもバレンタインは、純粋に気持ちを伝える日。社内の人間関係を調整する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り513文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン