日本のメダル獲得数

スノーボード

平野、2大会連続の銀メダル スノボ男子HP
平昌五輪

2018/2/14 12:07
保存
共有
印刷
その他

 【平昌=西堀卓司】平昌冬季五輪第6日の14日、スノーボード男子ハーフパイプで19歳の平野歩夢(木下グループ)が銀メダルを獲得した。前回ソチ五輪に続く2大会連続の銀メダル。2006年トリノ、10年バンクーバー五輪連覇のショーン・ホワイト(米国)が3度目の五輪制覇を果たした。

銀メダルを獲得し、日の丸を掲げる平野(14日、平昌)=山本博文撮影

銀メダルを獲得し、日の丸を掲げる平野(14日、平昌)=山本博文撮影

 予選を突破した12人が3回の演技で争った決勝。平野は1回目は着地が乱れて9位にとどまったが、2回目に大技「ダブルコーク1440」を決めて95.25点の高得点。1回目を終えて首位だったホワイトをかわしてトップに躍り出た。

 だが、3回目は着地で失敗して得点を伸ばせず、最終演技者のホワイトが97.75点をたたき出して逆転された。

 平野は新潟県出身。4歳で競技を始め、10代前半からスポンサーもついて国内外で活躍した。15歳で出場した前回ソチ五輪で2位になり、日本選手で冬季五輪の最年少メダリストとなった。

 ソチ五輪後も世界のトップ選手として活躍を続けたが、17年3月には米国の大会で左膝靱帯損傷や肝臓を痛める大けがを負った。リハビリを経て復帰し、今季はワールドカップ(W杯)で2勝。今年1月には最高峰のプロ大会「冬季Xゲーム」で軸をずらしながら縦2回転、横4回転する「ダブルコーク1440」の連続技を世界で初めて試合で成功させて優勝した。

 片山来夢(バートン)は7位、戸塚優斗(ヨネックス)は11位だった。

■記録など詳細結果へ (iPhoneはこちら)

保存
共有
印刷
その他

スノーボード 一覧

男子ビッグエア予選、大久保勇利のエア(21日、平昌)=共同共同

 平昌冬季五輪スノーボードの新種目、男子ビッグエア予選で17歳の大久保勇利(ムラサキスポーツ)と16歳の国武大晃(STANC …続き (13:34)

 【平昌=共同】平昌冬季五輪の大会組織委員会は20日、スノーボードの新種目、女子ビッグエア決勝を23日から22日に変更すると …続き (20日 15:07)

男子スロープスタイル予選を終え、父の大毅さん(左)とボードの確認をする国武大晃選手(10日、韓国・平昌)=共同共同

●家族支え 自分流で技磨く
 男子スノーボードの国武大晃選手(16)は、平昌五輪の日本代表選手団で最年少の高校1年生だ。父親ら …続き (20日 12:30)