中比、南シナ海問題を協議 協力強化を模索

2018/2/13 21:47
保存
共有
印刷
その他

【マニラ=遠藤淳】中国とフィリピンは13日、領有権を争う南シナ海の問題について話し合う「2国間対話メカニズム」の会合をマニラで開いた。会合後に共同発表資料を出し、「海洋環境保護や海洋研究、石油・ガスでの協力強化について意見を交わした」と明らかにした。

中国からは孔鉉佑・外務次官、フィリピンからはマナロ外務次官が参加した。南シナ海問題に関しては相互信頼を高め、活動を自制する方策などを話し合ったとした。

対話メカニズムに基づく会合は2回目。次回は今年後半に中国で開く予定。3月初めには中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)が南シナ海の行動規範の策定に向けた協議を始めるという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]