2018年8月21日(火)

ベア3000円要求 マツダ労組決定

2018/2/14 0:31
保存
共有
印刷
その他

 マツダ労働組合(内匠雅也執行委員長)は12日の代議員会で、春季労使交渉でベースアップ(ベア)に相当する賃金改善分で月3000円の要求を正式決定した。賃金改善要求は5年連続。3年連続で同水準の要求となった。年間一時金は5.4カ月を求める。14日に経営者側に要求書を提出する。

マツダ労働組合は代議員会で18年生活改善交渉の要求内容を決めた(広島市)

 内匠委員長は「マツダの持続的な成長の実現に向けて最大限の協力、努力を続けてきた組合員のやる気につながる会社回答を求めていく」と話した。年間一時金は2月7日に18年3月期の業績見通しを上方修正したことなどで昨年妥結実績の5.3カ月に0.1カ月を上積みした。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報