2018年10月17日(水)

村田機械、空気浄化 電子看板ロボ ハウステンボス系と

2018/2/13 21:32
保存
共有
印刷
その他

村田機械(京都市)は13日、ゆっくり動きながら空気中の細菌を減少させ、電子看板の役割をする「空間浄化デジタルサイネージ・ロボット」を開発、ハウステンボス(長崎県佐世保市)子会社のハウステンボス・技術センター(同)と共同で販売すると発表した。空港や駅、病院やホテルのロビー、大型商業施設などに売り込む。

空間浄化デジタルサイネージ・ロボット

技術センターの提携先のフジコー(北九州市)の高性能の光触媒を被膜化する技術で走行経路の周囲約46平方メートルの空気中の細菌を減らす。床に付着する細菌やウイルスは紫外線で減少させる。村田機械の自動マッピング技術で自動走行・充電する。価格はオープン、初年度30台の販売を計画している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報