2018年8月19日(日)

東洋大と武蔵野銀、自動運転技術で講演会

2018/2/13 23:00
保存
共有
印刷
その他

 東洋大学工業技術研究所(埼玉県川越市)と武蔵野銀行は14日、自動運転を支える技術をテーマにした講演会を同大川越キャンパス(同市)で開く。企業経営者や技術責任者らが対象で、日立建機幹部や同大理工学部の教授が自動運転に関する技術動向について産学両面の立場から説明する。

 先着100人で参加は無料。鉱山用ダンプトラックの自律走行システムやMEMS(微小電子機械システム)センサーに関する技術の現状などを主題とした講演のほか、経済産業省が中小企業向けに標準化の取得を支援する「新市場創造型標準化制度」の紹介も予定する。講演会後には参加者との情報交換会も開く。

 東洋大と武蔵野銀は2005年に産学連携協定を結んでおり、講演会の共催はその一環。武蔵野銀の取引先には自動車関連の製造業者が多く、次世代技術の現状への理解を深める機会を提供し、自社の事業に生かしてもらいたい考えだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報