2019年7月16日(火)

「働きやすい電通」へ正念場、国内事業の収益厳しく

(1/2ページ)
2018/2/14 6:30
保存
共有
印刷
その他

労働環境改革基本計画について説明する電通の山本社長(右)(17年7月27日、東京都中央区)

労働環境改革基本計画について説明する電通の山本社長(右)(17年7月27日、東京都中央区)

電通は13日、2017年12月期決算(国際会計基準)を発表した。売上総利益に近い収益は9288億円と前の期比10.8%伸びたが、収益性の目安とする調整後営業利益は1639億円と1.6%減った。山本敏博社長が進める働き方改革関連の費用がかさみ国内事業の収益が悪化したことが響いた。ただ、18年12月期も労働環境改善に130億円を投じる計画だ。社会的な信頼回復に向けて山本体制は正念場を迎える。

「今までと同じようにトップライン(売り上げ)を追いかけるのは難しい状況だ」――。電通の曽我有信取締役は13日、都内で開いた決算会見で厳しい表情を浮かべてこう語った。

電通は15年に新入社員だった高橋まつりさん(当時24歳)が自殺し16年に労災と認定されたことにより社会的な批判を浴びた。これを受けて現在の山本社長が抜本的な働き方改革に着手、かつてのような「モーレツ主義」で国内営業を展開するようなことが難しくなっている。それは17年12月期の決算でもはっきりと見てとれる。

電通 労働環境改革の主な動き

電通 労働環境改革の主な動き

収益源である国内事業の調整後営業利益は17年12月期が888億円で、前年同期から一挙に8.8%減少した。働き方改革関連費用の増加が大きな要因となっている。具体的には17年は300人規模を増員するとともに、定型作業を自動化するソフト「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」の導入など業務効率化も進めた。かかった費用は70億円だった。

海外事業は積極的なM&Aが奏功し、調整後営業利益は17年12月期が8.8%増の751億円だった。ただ、国内事業と比べて利益率が低いことから補えなかった。買収関連の評価益などで当期利益は26.3%増の1054億円となった。

国内の利益率の低下は労災問題を受け、やむを得ない面もある。深刻なのは事業の成長戦略において海外でのM&A頼みの構図が一段と強まっていることだ。

電通は13年に欧州の広告大手である英イージスグループ(現電通イージスネットワーク)を買収した。これを契機に海外M&Aを積極的に進めている。電通イージスによるM&Aは15年が36件、16年が45件、17年が31件と高い水準が続いており、これが収益の大幅な拡大につながってきた。

見逃せないのはM&Aの影響を除いた成長率が低下していることだ。15年が7%、16年が5.1%だったが、17年は0.1%にとどまった。国内(0.3%減)だけでなく、海外も0.4%と苦戦している。世界の広告市場の成長率(3.1%)を大きく下回った。電通にとって買収成果が予想ほど出ていないことを示しているともいえる。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。