/

この記事は会員限定です

若狭塗箸でかんざし 大岸正商店

[有料会員限定]

若狭塗箸(わかさぬりばし)の卸、大岸正商店(福井県小浜市)はかんざしを企画し、首都圏や関西の土産店を通じて販売を始めた。お箸職人がつくり、長さ12.5センチのものが2本ある。子供用の箸に使うことも可能だ。外国人観光客を中心に売り込む。

商品名は「おはしかんざし」。長さが15センチ程度が一般的な子供用の箸より小さい。大理石を模したようなマーブル柄で、緑やピンク、青など6色を用意した。職人の手...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り196文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン