福井市予算案1052億円 18年度、再開発支援など

2018/2/13 21:24
保存
共有
印刷
その他

福井市は13日、一般会計で1052億9000万円の2018年度予算案を発表した。施策の重点化を進め、予算規模は17年度の当初予算比で2.9%減。北陸新幹線の福井開業をにらみ、中心市街地の再開発支援や足羽山の魅力向上といったまちの魅力を高めることに重点を置いた。

再開発支援事業に3億9600万円を盛り込んだ。ユアーズホテルフクイの周辺や駅前南通り地区などの民間再開発を後押しする。中心街の道路をイベントやオープンカフェに利活用できるようにする新規事業を始める。

足羽山の魅力を高めるため、新しい動物舎の整備などに取り組む。豪雪に伴う除雪に関連し、13日会見した東村新一市長は「経費が現時点ではっきりしていない」と話し、今後、予算措置を講じて対応する考えを示した。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]