2018年2月19日(月)

パイプ内部検査 速さ2倍 アセット・ウィッツ、北陸先端大と
カメラで撮影 傷を精密判定

北陸
2018/2/14 1:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 大学と連携し新事業開発を手掛けるアセット・ウィッツ(京都市)は、北陸先端科学技術大学院大学と共同で樹脂製や鋼管製などのパイプ内部を自動検査する装置を開発した。これまでは出荷前に人の目で傷の有無を確認していたが、独自開発のカメラで内部を複数回撮影して点検する。従来より作業効率が2倍以上に高まるという。

 新開発の装置では、パイプの端から円状のリング照明など2種類の照明で光を当てて内部を撮影する作業を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報