/

この記事は会員限定です

マリモをイメージした食品 釧路の土産品に

築け食の王国

[有料会員限定]

北海道東部の阿寒湖(釧路市)に生息する国の特別天然記念物、マリモにちなんだ食品が相次ぎ登場している。観光振興を進める釧路で当地ならではの資源を生かした土産品などを作ろうと企業や市民団体が動き出したことが背景にある。

代表的なのが「まりもまん」。マリモをイメージして皮を薄緑に色づけした肉まんだ。食品販売の兼芳新潟屋前商店(釧路町)が開発、製造販売する。

きっかけはマリモを通して地域活性化をめざす市民...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り970文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン