2018年5月24日(木)

5/24 7:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 米国株、ダウ反発し52ドル高 利上げ加速の思惑後退 ハイテク株高い
  2. 2位: IT株冷やす在庫増 相場の底流に警戒感[有料会員限定]
  3. 3位: NY商品、原油が下落 米原油在庫の増加を嫌気 金は反落
  4. 4位: 新明和、「眠れる資産」に旧村上ファンドが注目か[有料会員限定]
  5. 5位: NY債券、上昇 10年債利回り2.99%、FOMC議事要旨受け買い強まる[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,763,840億円
  • 東証2部 100,267億円
  • ジャスダック 114,141億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.36倍 --
株価収益率15.05倍15.49倍
株式益回り6.64%6.45%
配当利回り1.58% 1.61%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,689.74 -270.60
日経平均先物(円)
大取,18/06月 ※
22,720 -240

[PR]

スクランブル

フォローする

ロボ株安、慢心のツケ 過熱感や受注不安放置
証券部 菊地毅

2018/2/13 21:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 ロボット関連株が下げに転じている。投資信託などからの活発な資金流入による過熱感に加え、受注の減速懸念も浮上し始めたからだ。高成長が続くとの楽観的な見通しから人気を集めたロボット関連株。そこに透ける「慢心」こそが、株式相場が突如変調した大きな要因だ。

 13日に朝方から売り注文が目立ったのが、ロボット向け精密減速機を手掛けるナブテスコだ。前週末に発表した18年12月期の連結純利益予想は2%増にとどま…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム