/

この記事は会員限定です

サントリー食品、麦茶を増産 京都工場に70億円投資

[有料会員限定]

サントリー食品インターナショナルは、麦茶飲料を増産する。京都府内の中核工場に70億円を投じて、麦茶を生産できるようにする。京都の工場の麦茶を含めたペットボトル飲料の生産能力は従来より2割増える。健康志向の高まりや、共働き世帯の増加を背景に手軽に飲めるペットボトル商品のニーズが高まっているのに対応する。

製造子会社の宇治川工場(京都府城陽市)に設備投資し、麦茶飲料「グリーンダカラ やさしい麦茶」な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り437文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン