2018年4月22日(日)

NY金が1%高 投機筋の買いが進む

2018/2/13 19:23
保存
共有
印刷
その他

 金の国際相場が上昇している。指標となるニューヨーク市場の金先物価格(中心限月)は日本時間13日午後の時間外取引で1トロイオンス1330ドル前後で推移。先週の安値から約1%水準を切り上げた。ファンドなど投機筋による買いが続いた。

 2月に入り米国株相場が乱高下するなか、いったんは現金化のために売られて値を下げた金に見直し買いが入っている。主要通貨に対するドル安が一時進み、代替資産とされる金が買われたことも価格を下支えした。

 今週は14日に1月の米消費者物価指数(CPI)の発表を控える。第一商品フューチャーズ24の村上孝一課長は「市場予想を下回ると、米利上げペースが加速するとの観測がひとまず後退し相場の強材料になる」とみている。

春割実施中!日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワード



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報