太陽誘電、人の動き「見える化」 工場でカメラ解析
20年まで全生産拠点で

2018/2/13 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

太陽誘電は2020年ごろまでに国内外の全生産ラインにかかわる従業員の動きを可視化するシステムを整える。カメラなどを使い各工程の担当者の作業状況を解析し、効率の良い動き方をマニュアル化して反映する。生産体制をグローバル規模で細かく見直し、製造する電子部品の品質を全拠点で均一にして歩留まり(良品率)を高める狙いだ。

同社は積層セラミックコンデンサーの大手で現在の生産数は年間4千億個。あらゆるモノがネ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]