2019年2月21日(木)

2/21 13:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,513.98 +82.49
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
21,500 +80

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「崔真淑のサイ視点」[映像あり]

2月20日(水)14:20

REIT型投信に個人回帰 2年3カ月ぶり流入超[映像あり]

パソナ 企業向け外国人材支援サービス

2月20日(水)13:00

[PR]

業績ニュース

楽天の前期、3年ぶり最高益 金融事業がけん引

2018/2/13 20:30
保存
共有
印刷
その他

楽天が13日発表した2017年12月期連結決算(国際会計基準)は、純利益が前の期比2.9倍の1105億円と3年ぶりに過去最高となった。クレジットカードやネット銀行など金融事業が拡大。米アマゾン・ドット・コムなどとの競争で採算が悪化した電子商取引(EC)事業を補った。

売上高は21%増の9444億円、営業利益は90%増の1493億円といずれも過去最高だった。前の期に海外事業を中心に約250億円計上した減損損失がほぼなくなったのも利益を押し上げた。

業績拡大をけん引したのは金融事業だ。同事業の営業利益は11%増の728億円。クレジットカードの取扱高が過去最高になったほか、銀行もローン事業が好調だった。

半面、国内EC事業の営業利益は4%減の746億円と振るわなかった。販促ポイントの費用負担が増えたのに加え、フリマアプリなど新規事業への投資が重荷となった。

18年12月期は売上高で前期比10%以上を目指す。19年末の事業開始を目指す携帯電話事業では、設備投資による今期業績への影響はほぼないという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム