2018年10月24日(水)

不動産VRのスタイルポート、2.5億円調達

スタートアップ
2018/2/13 18:59
保存
共有
印刷
その他

不動産物件を内覧できる仮想現実(VR)システムのスタイルポート(名古屋市、間所暁彦社長)は13日、ベンチャーキャピタル(VC)のグリーベンチャーズ(東京・港)のファンドなどを引受先とする第三者割当増資で総額約2億5000万円を調達したと発表した。調達した資金はサービス強化や人材確保などに充てる。

スタイルポートの不動産VRシステム(画面はイメージ)

スタイルポートは2017年10月の設立。クラウド型のVRシステム「Roov(ルーヴ)」を使えば、利用者は不動産物件のモデルルームがなくても完成前の段階で部屋をウェブ上で閲覧し、物件の購入を検討できる。テーブルやベッドなど家具のサンプルを置いたり、床材などの色を切り替えたりすることもできる。

スタイルポートによると、ルーヴは不動産開発会社など20社の40物件で導入されている。19年9月までに2000物件での導入を目指す。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報