/

天才2棋士、破顔 羽生・井山両氏に国民栄誉賞授与

将棋で永世七冠を達成した羽生善治氏(47)と、囲碁で七冠独占を2回なし遂げた井山裕太氏(28)への国民栄誉賞表彰式が13日、首相官邸で開かれた。安倍晋三首相は「歴史に刻まれる偉業を達成し、多くの国民に夢と感動を、社会に明るい希望と勇気を与えた」と功績をたたえた。

国民栄誉賞の表彰式で安倍首相と記念写真に納まる羽生善治氏(右)と井山裕太氏(左)(13日午後、首相官邸)

表彰式に臨んだ羽生、井山両氏は黒地の着物と羽織に淡い黄色の羽織ひもを結び、灰色のはかま姿。早めに会場入りしリラックスした様子で談笑していたが、表彰式が近づくと緊張した面持ちに変わった。

安倍首相から表彰状を受け取った2人は「ありがとうございます」と深々と一礼。記念撮影では「にこやかにお願いします」とカメラマンに促される場面もあった。

表彰状と盾、記念品のすずりやすずり箱などがそれぞれに贈られた。すずり箱には「七冠」にちなみ七宝のうわぐすりが施され、すずりには「国民栄誉賞受賞記念」と記された。ほかに受賞者の名前入りの筆なども贈られた。

首相へのお礼の品として、羽生氏は将棋盤と漆を使った駒、井山氏はミニチュアの囲碁盤と碁石を贈った。

羽生氏は埼玉県所沢市出身。1985年、15歳で史上3人目の中学生棋士としてプロ入り。19歳で初タイトルの竜王を獲得し、96年に史上初の七冠同時制覇を達成した。2017年12月には通算7期目となる竜王のタイトルを獲得し「永世竜王」の資格を得て、永世規定のある7タイトルすべてで永世称号を獲得。史上初の「永世七冠」となった。

井山氏は大阪府東大阪市出身。02年に12歳でプロ入りし、09年に史上最年少の20歳4カ月で名人を獲得した。16年には囲碁で史上初となる七冠独占を達成した。その後、いったん失った名人位を17年10月に奪還し、七冠に返り咲いた。

これまでに国民栄誉賞は、個人としてはプロ野球元巨人監督の長嶋茂雄氏、歌手の故・美空ひばりさんら23人が受賞している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン