/

この記事は会員限定です

大和、攻守切り替えるラップ口座 収益の最大化目指す

[有料会員限定]

大和証券グループ本社は、投資家が金融機関に運用を一任する「ラップ口座」のサービスを拡充する。株式相場の地合いに合わせて投資スタンスを機動的に変更できるのが特徴。相場上昇局面では積極的なリターンを追求する一方、軟調な局面では保守的な運用に自動で切り替え、収益の最大化を目指す。

3月から預かり資産1億円以上の顧客を対象に運用を始める。これまでのラップは顧客が最初に「リスクオン」「リスクオフ」などの基本方針を決めると、その...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り262文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン