/

この記事は会員限定です

松本長蔵氏、村長さんは神出鬼没の大相場師

市場経済研究所代表 鍋島高明

[有料会員限定]

明治半ばから大正、昭和の初めにかけて米穀相場界で鳴らした相場師に松本長蔵がいる。松本は相場の盛んな三重県桑名の産。ここは相場で負けてもだれからもとがめられないという相場どころ。

「桑名の松本長蔵も昔ほど玉を張らなくなった。彼も老いたか、というその尻から政策気構えにドシドシ買い出動する。それほど相場と松本とは密接な関係に置かれている。しかしかつて『桑名の松本』とうたわれたころほどには大玉を張らなくな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1528文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン