/

この記事は会員限定です

ユニリーバ、ブランド毀損を懸念 SNS広告中止検討

偽ニュース問題視

[有料会員限定]

【ジュネーブ=細川倫太郎】食品・日用品の世界大手、英蘭ユニリーバが交流サイト(SNS)を中心としたネット広告の掲載をとりやめる検討に入った。偽ニュースなどが横行しているのを問題視し、ブランドが傷つく恐れがあるためだ。欧州の政界からも不適切なコンテンツに懸念の声が相次ぐ。一方、消費者への影響力が大きいソーシャルメディアを無視するのはリスクが大きく、難しいカジ取りを迫られそうだ。

「顧客がオンラインで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1108文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン