2018年2月22日(木)

[FT]中国「反腐敗闘争」の身柄拘束合法化が侵す法的保護

中国・台湾
FT
2018/2/13 17:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 中国の反腐敗闘争を合法化するための法改正案は、不当な起訴から被告人を保護するための20年にわたる司法改革を押し戻すことになると、法学者が警鐘を鳴らしている。

 習近平(シー・ジンピン)国家主席が5年前に始めた反腐敗闘争において、中国共産党の捜査当局による超法規的な「双規」(身柄の拘束)は一般党員の強い反感を買い、習氏は合法的な勾留制度に切り替えることを約束していた。

■非党員の公務員からも法的保護を

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報