/

この記事は会員限定です

体は勝手に連想する 山本 貴光

[有料会員限定]

やっぱりそうなのか! 青年の自画像を前にして少し興奮した。写実的に描かれた、特に変わったところのない肖像画だ。私は東京国立近代美術館で開催中の「熊谷守一 生きるよろこび」展に足を踏み入れたところだった。

守一の絵は前にも見たことがある。絵画というよりはイラストやデザインという言葉が思い浮かぶような、シンプルな線とあまり多くはない色で構成された作風。例えば横たわるネコを最小限の線と色で描こうと思った...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1142文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン