2018年5月21日(月)

5/21 21:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 上げ相場に潜む伏兵 車などに環境規制のハードル[有料会員限定]
  2. 2位: 東証大引け 続伸、3カ月半ぶり2万3000円台 売買代金は低水準
  3. 3位: 物言う株主、三井住友銀の親密企業に照準 潜在力を評価[有料会員限定]
  4. 4位: 武田の7兆円買収、日米の投資銀6社が集結[有料会員限定]
  5. 5位: 2017年度の増収率1位は任天堂 増益率上位にソニーなど[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,002.37 +72.01
日経平均先物(円)
大取,18/06月 ※
23,010 +80

[PR]

ポジション・フラッシュ

フォローする

「黒田続投」でも円安が進まぬわけ
経済部 中村結

2018/2/13 13:33
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 日銀の黒田東彦総裁が続投する見通しになった。大規模な金融緩和策が継続されるとの見方が金融市場を覆ったが、外国為替市場は続投報道を静観。報道後も1ドル=108~109円台と報道前の水準と変わらず、円安・ドル高の進行は限られた。緩和継続はもはや円安材料にされづらく、日銀は円高マグマを抱えながら次期体制に移行することになりそうだ。

 黒田氏の続投が一斉に報じられた9日夜、資産運用会社の為替ディーラーは報…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

ポジション・フラッシュ 一覧

フォローする

新着記事一覧

読まれたコラム