2019年1月21日(月)

拉致被害者の帰国要求 首相、金永南氏に

2018/2/13 11:34 (2018/2/13 11:56更新)
保存
共有
印刷
その他

安倍晋三首相は13日午前の衆院予算委員会で、北朝鮮の金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長と9日に平昌冬季五輪のレセプションで短時間接触した際に「拉致、核・ミサイル問題を取り上げ、日本側の考えを伝えた」と述べた。そのうえで「全ての拉致被害者の帰国を含め、拉致問題の解決を強く、直接求めた」と説明した。

衆院予算委で答弁する安倍首相(13日午前)

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領との首脳会談では北朝鮮問題を取り上げ「対話のための対話には意味がないとはっきり伝えた」と語った。「日韓米の緊密な連携のもと、圧力を最大限まで高めていくことで一致した」と強調した。従軍慰安婦問題に関する日韓合意の履行を強く求めたことも明かした。自民党の柴山昌彦筆頭副幹事長への答弁。

4月に5年の任期満了を迎える日銀の黒田東彦総裁の再任に関しては「まだ人事は全く白紙だ」と述べるにとどめた。

麻生太郎財務相は学校法人「森友学園」への国有地売却問題をめぐり、佐川宣寿国税庁長官を国会招致することに否定的な考えを示した。佐川氏は財務省理財局長だった当時、同学園に関する内部文書を「全て廃棄した」と答弁してきた。だが、財務省は9日、新たに20件の内部文書を国会に提出した。麻生氏は「具体的に相手方とのやりとりを記録したものではない」と語った。立憲民主党の長妻昭氏への答弁。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報