2018年2月23日(金)

1歳児車内放置死認める 25歳父親初公判、静岡

社会
2018/2/13 10:25 (2018/2/13 11:20更新)
保存
共有
印刷
その他

 静岡県湖西市のパチンコ店駐車場で2017年7月、当時1歳11カ月の長男を車内に放置し死なせたとして、保護責任者遺棄致死の罪に問われた父親で同市の無職、村田尋紀被告(25)の裁判員裁判初公判が13日、静岡地裁浜松支部(山田直之裁判長)で開かれた。村田被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

 検察側は冒頭陳述で、気温が30度を超える真夏日に、日なたに止めた車に子どもを放置したと指摘。「パチスロがしたかったという動機は身勝手で悪質」と批判した。

 弁護側は「長男の生後、いったんパチスロをやめていた。再開したのは職場でのストレスから」と述べ、情状面で争う姿勢を示した。

 起訴状によると、17年7月8日午前11時10分ごろ、湖西市内のパチンコ店駐車場で、エンジンを切った乗用車の後部座席のチャイルドシートに長男の陸ちゃんを座らせたまま放置。午後0時55分ごろまでパチスロをしていて、熱中症で死亡させたとしている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワード



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報