/

この記事は会員限定です

野党、線香追及は尻すぼみ 森友問題に軸足移す

[有料会員限定]

野党は今国会で、当初は茂木敏充経済財政・再生相の秘書らが地元有権者に線香を配布していた問題の追及に力を入れた。2月5日は計4人がこの問題を指摘し、公職選挙法で禁止する寄付行為にあたるのではないかと迫った。茂木氏は「党勢拡大のため」と繰り返し答弁したが、説明責任を求める声が与野党内から高まった。

それが6日から野党の質問回数は激減。9日までの4日間で野党は33人が質問に立ったが、線香問題は2回しか取...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り366文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン