/

この記事は会員限定です

イオン、定期宅配参入 生協モデルで共働きに的

[有料会員限定]

イオンは週1回、決まった曜日に食品などを届ける定期宅配事業に参入する。生活協同組合(生協)が得意のモデルで高齢者や共働き世帯の増加に対応する。大手小売りは注文の度に配送するネットスーパーに注力してきたが物流の負担が大きく、米アマゾン・ドット・コムなどとの競争も激化。イオンは配送効率が高い定期宅配も手がけて、需要を取り込む。

全国主要65生協の宅配供給高は2016年度で1兆7730億円。そのうち個人別に届...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り838文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン