2018年2月26日(月)

就活不安やデート商法から若者守れ 法改正へ

経済
2018/2/11 18:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 消費者庁は今国会に提出する消費者契約法改正案で、就職活動中の学生など若者の保護を目指す。若者の将来への不安をあおり、高額なセミナーに勧誘・契約させることを不当とし、契約を取り消せるようにする。月内にも閣議決定する。

 消費者庁によると「就活の成功」など、若者の将来にかかわる商品やサービスをめぐる20歳代の相談件数は2016年度に6928件あった。12年度に比べ2割以上増えた。就活生向けのセミナーの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報