2018年5月25日(金)

国と金融機関が連携、預金情報を把握へ

2018/2/11 17:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 財務省などが金融機関と連携し、個人の預貯金情報の把握に乗り出す。現在は税や年金保険料の滞納者などについては、個別に書面を通じて情報を得ているが、システムを通じて即座に情報を把握できるようにする。効率的な税と社会保障の制度作りを進めるための布石にする。

 2018年夏をめどに一部の金融機関と実証実験を始める。19年度前半から順次、全国の金融機関との接続を目指す。

 政府や自治体は現在も金融機関に対し、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報