2018年10月24日(水)

米ツアー ズームアップ

フォローする

ラームに欠かせぬ トップゴルファーの振る舞い
ゴルフジャーナリスト ジム・マッケイブ

(1/2ページ)
2018/2/14 6:30
保存
共有
印刷
その他

もはや、米男子ゴルフのジョン・ラーム(スペイン)が優勝争いをすることに驚きはない。

昨季、米ツアーでは1勝しか挙げていないものの、23試合に出場しトップ10に11回も食い込むなど、常に上位で存在感を示した。欧州ツアーでは5戦で2勝をマークしている。

結果として、2016年の全米オープンを終えた段階で551位だった世界ランキングは、昨季終了時には5位に浮上。そして今季は1月に行われたキャリアビルダー・チャレンジ(ラキンタCC)をプレーオフで制すと、世界2位まで上げている。現在、米ツアーではジョーダン・スピース、ジャスティン・トーマス(ともに米国)ら20代の若手が激しくしのぎを削っているが、彼もそこへ割って入った。

ただ、そうした華々しい活躍を見せる一方で、ミスショットをしたときにクラブを投げつけたり汚い言葉を吐いたりする行為にも、ファンは驚かなくなっている。

ラームは昨年の全米オープン選手権で予選落ちの屈辱を味わったが、普段はゴルフ中継を見ないような人まで注目した大会で、バンカーショットをミスした後にレーキを放り投げ、アプローチを失敗した後にウエッジをたたきつけ、さらに蹴るなど、やりたい放題。多くが顔をしかめた。

感情をコントロールできず

負けん気が強い、ということは十分にわかる。それが彼をここまで押し上げた原動力でもあるのだろう。だが、全く感情をコントロールできていない。

つい先日――。米アリゾナ州で行われたフェニックス・オープン(TPCスコッツデール)でも、アプローチショットを左に外すと、クラブを芝生にたたきつけた。この日、ラームは首位に1打差でスタートしたが、後半に入ってボギーを連発して自滅。最終的には11位タイに終わった。その前週のファーマーズ・インシュアランス・オープン(トーリーパインズGC)でも2日目まではよかったが、週末に崩れた。もちろんこのときも、何度かクラブを芝生にたたきつけた。当たり前のように。

まだ23歳とはいえ、その振る舞いはまるで子どものようだ。

無論、そうした感情をあらわにするスタイルが、彼の長所だという人もいるかもしれない。しかし、ほかのスポーツではともかく、ゴルフでは受け入れられるものではない。また、感情をコントロールできなければ、今後の足かせになるだろう。

残念ながら、彼がそのことに気づいているかといえば、それも疑わしい。記者会見などではたびたび、プレーよりも振る舞いのことが話題になるが、あるときラームはこうコメントした。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

米ツアー ズームアップ 一覧

フォローする
多くのギャラリーがウッズの復活を待ち望んでいた=APAP

 優勝を決めたとき、両手を高々と上げてつくったガッツポーズは、少しぎこちなかった。2013年8月以来の優勝。あのタイガー・ウッズ(米国)でさえ、絵になるようなフィニッシュシーンをどう演出するか、忘れて …続き (10/4)

4日、主将推薦でライダーカップ米代表の一員に選ばれた=APAP

 ブライソン・デシャンボー(米国)という選手は、実にユニークだ。
 アイアンのシャフトを一般的な6番アイアンの長さに相当する37.5インチ(約95センチ)に統一し、腕からクラブのヘッドまでが一直線という …続き (9/6)

ウッズに以前ほどの力もオーラもないことをマキロイは敏感に察していた=APAP

 英カーヌスティ・ゴルフリンクス(7402ヤード、パー71)で行われたゴルフの全英オープン選手権(7月19~22日)の最終日。一時、前半で2つスコアを伸ばしたタイガー・ウッズ(米国)が単独首位に立つと …続き (8/2)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]