/

えひめ丸事故17年で追想式 愛媛・宇和島水産高

米ハワイ沖で愛媛県立宇和島水産高(宇和島市)の実習船えひめ丸が米原潜に衝突され、9人が死亡した事故から17年となった10日、犠牲者を悼み、海の安全や事故の風化防止を誓う追想式典が同校で開かれた。田上和昭校長は「命の尊さを後世に伝えていく」と訴えた。

えひめ丸事故の追想式典で献花する宇和島水産高の生徒たち(10日午前、愛媛県宇和島市)=共同

雨のため体育館で開かれた式には、遺族や在校生、学校関係者ら計約300人が出席。発生時刻の午前8時43分、今もハワイ沖に沈むえひめ丸から引き揚げられた鐘を9回打ち鳴らし、全員で黙とうした。生徒らは献花台に白い菊を1本ずつ供えた。

生徒会長の2年、金子和真さん(17)は「安全航海を考えるきっかけになる日。事故だけでなく、各地の方から支援していただいたことを忘れないよう、後輩たちに伝えたい」と話した。

事故は2001年2月9日(日本時間10日)に発生。えひめ丸(499トン、35人乗り組み)が、緊急浮上した米原潜グリーンビルに衝突されて沈没し、実習生4人、教員2人、船員3人の計9人が亡くなった。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン