JR東の現美新幹線 作品を一部入れ替え

2018/2/9 23:00
保存
共有
印刷
その他

JR東日本は現代アートをテーマにした「現美新幹線」の展示作品を一部刷新する。今年は十日町市などで3年に1度開かれるアートイベント「大地の芸術祭」の開催年。新たな作品を取り入れてリピーターも楽しめるようにする。展示品の刷新は2016年の運行開始以来初めて。

上越新幹線を走る現美新幹線。写真家の蜷川実花さんがデザインした

現美新幹線は車両ごとに芸術家の作品を展示している。今回は3両で作品を一部取り換え、3月31日から公開される。絵画や写真のほか、映像作品などが楽しめる予定。

合わせて車内カフェのメニューも刷新。新潟名産のささだんごをイメージしたケーキや雪下ニンジンを材料に使ったキャロットケーキなどをそろえる。新潟の食材を使い、地域の魅力をPRする。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]