2018年5月24日(木)

JR路線見直し、議論動く 北海道・九州・四国と自治体
夕張市は自ら廃止を提案

2018/2/12 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 北海道・九州・四国を基盤とするJR3島会社で、鉄道事業の見直し議論が相次ぎ浮上している。JR北海道は一部沿線自治体と協議を開始。JR九州は今春、過去最大の減便を予定し、JR四国も路線を維持するための検証を始めた。人口減少や高速道の整備で鉄道の先行きは厳しい。JRの問題提起に、地元自治体は対応を迫られている。

■国に支援要請、道が調整(JR北海道)

 北海道の高橋はるみ知事らが昨年12月、国に対しJR…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報