/

楽天との通信接続「ビジネスとして協議」 NTT社長

決算発表で記者会見するNTTの鵜浦博夫社長(9日、東京都千代田区)

NTTの鵜浦博夫社長は9日、2017年4~12月期の決算記者会見で楽天が携帯キャリアの参入を表明したことについて「(相互接続について)協議の申し入れがあれば断る理由はない」と話した。コンテンツサービスの分野では楽天とNTTが競合となる部分もあるが、「ビジネスとして交渉協議していくことになる」という。

鵜浦社長は「楽天のEC分野でいいパートナーと考えていたが、自前でやるのであれば別のパートナーを考えていく必要がある」と語った。

NTTの17年4~12月期は純利益が前年同期比10.1%増の7365億円だった。NTTドコモがインド最大の財閥のタタ・グループとの提携解消で損害賠償金を受け取り、営業外収益に計上。NTTコミュニケーションズがIT(情報技術)サービス会社の米セキュア24を買収し、システム関連などでも海外事業を拡大していく。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン