2018年2月22日(木)

2/22 11:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 米国株、続落 ダウ166ドル安、FOMC議事要旨受け乱高下
  2. 2位: 仮想通貨交換「みなし業者」 金融庁が選別[有料会員限定]
  3. 3位: イエレン氏最後のFOMC 隠されたメッセージ(NY特急便)[有料会員限定]
  4. 4位: つぶやき・画像「オルタナデータ」 米金融業界が活用[有料会員限定]
  5. 5位: バイオ株は「花の山」か けん引役乏しい日本株[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,629,837億円
  • 東証2部 101,955億円
  • ジャスダック 116,411億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.33倍 --
株価収益率17.51倍15.10倍
株式益回り5.71%6.61%
配当利回り1.47% 1.57%
株式市場データ

最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 21,712.20 -258.61
日経平均先物(円)
大取,18/03月
21,720 -250

[PR]

スクランブル

フォローする

嵐の中の割安株探し 「米金融市場と距離」着目
証券部 松本裕子

2018/2/9 22:09
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 9日の東京株式市場は、米国発の株安第2波に見舞われた。日経平均株価は一時前日比771円安と急落。米金利の上昇懸念はなおくすぶり、投資家は週明け以降も株価調整のリスクに身構える。嵐が吹き荒れる中で、一部のアクティブ投資家はこれまでとは違った銘柄選別に光明を見いだそうとしている。キーワードは下値不安の小さい「割安株」だ。

 「明らかにバリュエーション(投資尺度)を無視している」。ある国内運用会社のファ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

相場と投資を読み解く

9日公開「記者の目」

記事の理解に役立つランキングやデータ

新着記事一覧

読まれたコラム