/

日弁連次期会長に菊地氏 現執行部の路線継承

(更新)

日弁連(会員数約4万人)は9日、中本和洋会長(71)の任期満了に伴う次期会長選挙の投開票を行い、現執行部の路線を継承する元東京弁護士会会長の菊地裕太郎氏(66)の当選が決まったと発表した。東京弁護士会の武内更一氏(60)を破った。16日の選挙管理委員会で正式決定し、任期は4月1日から2年間。

日弁連の次期会長に決まり、記者会見で抱負を述べる菊地裕太郎氏(9日午後、東京・霞が関の弁護士会館)=共同

菊地氏は東京都内で記者会見し「公正、公平な社会を実現するため、力強い日弁連にしていきたい」と話した。

9日時点で、菊地氏の得票は1万3005、武内氏は2847。菊地氏の得票は過去最多となる見込み。投票率は40.81%だった。

選挙は菊地氏と、現執行部に批判的な武内氏の一騎打ちとなった。憲法改正について、菊地氏は「一体感のある合意形成が必要。丁寧な議論を積み重ねるべきだ」と主張。武内氏は「9条改憲と戦争への動きに正面から対決すべきだ」と訴えた。

菊地氏は北海道出身。東大法学部を卒業し、1981年に弁護士登録した。2013年度に東京弁護士会会長を務めた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン