/

この記事は会員限定です

債券バブル転換点 緩和10年、時価総額50兆ドル増

[有料会員限定]

世界のマーケットが米国債に揺さぶられている。10年近く続く金融緩和が生んだ「債券バブル」がはじけ、金利が急騰(価格は急落)するリスクが警戒されている。米経済がトランプ大統領の政策で過熱し、米連邦準備理事会(FRB)が引き締めを急ぐ可能性も出てきた。低金利が押し上げた株などの資産価格も修正を迫られている。

「バブルは株ではなく債券にある」。グリーンスパン元FRB議長は昨年8月にこう警鐘を鳴らしていた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1770文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン