ミャンマー国鉄の気動車受注 IHI傘下の新潟トランシス

2018/2/9 18:32
保存
共有
印刷
その他

IHI傘下で気動車国内最大手の新潟トランシス 9日、丸紅と共同でミャンマー国鉄から電気式気動車24両を受注したと発表した。車両はディーゼルエンジンで発電してモーターで走行するのが特徴で、受注額は約70億円。ミャンマーの「ヤンゴン・マンダレー幹線鉄道」を近代化する450億円の円借款の一環として手掛け、2020年以降の納入を目指す。

9日付で受注契約を結んだ。納入予定の車両は6両編成4本で、新潟トランシスが設計や製造、教育訓練、丸紅は商務全般をそれぞれ手掛ける。事業を通じてヤンゴンから途中駅までの全長267キロメートルの幹線鉄道を近代化、所要時間を従来比約半分の3時間20分に短縮する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]