マッチングサービス市場、18年は46%増の374億円に

2018/2/9 18:02
保存
共有
印刷
その他

サイバーエージェント子会社のマッチングエージェント(東京・渋谷)は9日、インターネットで結婚・恋愛相手を探す「マッチングサービス」の2018年の市場規模が374億円と、17年から46%増えそうだと発表した。23年には850億円を超えると予測している。

17年の市場規模は256億円だった。18年以降も市場は成長し、23年には18年の2.3倍まで拡大する。大手事業者のマッチングサービスの需要が伸びるほか、国内外の企業の新規参入も増えるという。マッチングエージェントの調査部門であるラブテックラボと、調査会社のデジタルインファクト(東京・文京)が共同で調査した。「恋愛や結婚対象となるパートナーをオンライン上で紹介するサービス」を対象に、消費者が利用するときに支払う金額の年間合計額を市場規模とした。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]