/

ファナック、協働ロボのライフロボティクス買収

ライフロボティクスの協働型ロボット「CORO(コロ)」。肘関節がないため省スペースなのが特徴

ファナックは9日、人と一緒に働くことができる協働型ロボットを手掛けるスタートアップ企業、ライフロボティクス(東京・江東、尹祐根社長)を買収したと発表した。ライフロボティクスのロボットは肘の回転関節がなくコンパクトなのが特徴。ファナックは同社の買収で、発展が見込まれる協働型ロボット市場の需要を取り込む。

ライフロボティクスの全株式を取得した。取得額は非公表。ファナックによる企業買収は2003年以来。

ライフロボティクスは07年創業のスタートアップ企業で、肘の回転関節がない協働型ロボット「CORO(コロ)」を開発、販売している。腕の部分が伸び縮みする機構を採用。狭いスペースでも作業できるほか、人に危害を加える危険性も低減している。

トヨタ自動車など大手メーカーから受注を獲得するなど、注目されている。今後はライフロボティクスの持つ特許や研究技術にファナックの設計、量産技術を生かした商品を開発していく。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン