2018年5月21日(月)

5/21 21:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 上げ相場に潜む伏兵 車などに環境規制のハードル[有料会員限定]
  2. 2位: 東証大引け 続伸、3カ月半ぶり2万3000円台 売買代金は低水準
  3. 3位: 物言う株主、三井住友銀の親密企業に照準 潜在力を評価[有料会員限定]
  4. 4位: 武田の7兆円買収、日米の投資銀6社が集結[有料会員限定]
  5. 5位: 2017年度の増収率1位は任天堂 増益率上位にソニーなど[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,823,115億円
  • 東証2部 99,303億円
  • ジャスダック 113,945億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.38倍 --
株価収益率15.18倍15.63倍
株式益回り6.58%6.39%
配当利回り1.57% 1.60%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,002.37 +72.01
日経平均先物(円)
大取,18/06月 ※
23,010 +80

[PR]

スクランブル・フラッシュ

フォローする

株、続く「VIXショック」2万1000円巡る攻防
証券部 栗原健太

2018/2/9 15:19
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 9日の日経平均株価は再び急落し、終値は前日比2.3%安の2万1382円となった。米市場に端を発した株価の変動率上昇が相場を下落させた「VIXショック」の第2波を受け、午前に前日比一時771円安まで売られる場面があったが、午後はやや下げ幅を縮小した。市場では2月6日の場中に付けた2万1078円を維持したことを安堵する声もある。目先の警戒感は根強いが、VIXショックはいったん和らぐとの指摘がある。

 …

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

NY市場の動き

相場と投資を読み解く

9日公開「記者の目」

記事の理解に役立つランキングやデータ

スクランブル・フラッシュ 一覧

フォローする

新着記事一覧

読まれたコラム