/

この記事は会員限定です

返済滞るとエンジン停止、GMSと西京銀が融資サービス

[有料会員限定]

自動車の遠隔制御装置を開発するグローバルモビリティサービス(GMS、東京・港、中島徳至社長)は西京銀行と組んで、自動車ローンサービスを始める。GMSの装置を使い、返済が滞ると遠隔操作でエンジンの起動を止める代わりに、融資対象かどうか調べる審査を通過する人を増やす。まずは全国約500の自動車販売店を通じて提供する。

西京銀行がGMSの装置を活用して「GPS装置付マイカーローン」を始める。融資額は10...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り281文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン