/

この記事は会員限定です

データ駆動型経済とは何か(1) 社会構造を根本から変革

森川博之 東京大学教授

[有料会員限定]

デジタル変革、人工知能(AI)、IoT(モノのインターネット)、ビッグデータといった言葉が世の中に氾濫しています。これらの背景にあるのが21世紀の石油ともいわれる「データ」です。インターネットに接続されたスマートフォンやセンサーなどさまざまな機器が生み出す膨大なデータが、社会や経済、産業を変えつつあります。

経済協力開発機構(OECD)は現在、「Going Digital」というプロジェクトを推進...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り670文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン