/

中国・滴滴出行、ソフトバンクとタクシー配車で連携

中国・配車サービス最大手の滴滴出行とソフトバンクは9日、タクシー配車で連携すると発表した。2018年内をメドに大阪府や京都府、福岡県、東京都などで実証実験を実施し、事業化を目指す。共同出資会社の設立も視野に入れる。

滴滴は中国でタクシー配車のほか、自家用車に乗客を有料で乗せるライドシェア(相乗り)事業を運営している。同社のサービスの利用者は4億5000万人以上おり、2100万人を超えるドライバーが登録する。シンガポールのグラブやインドのオラなど世界の同業7社に出資し、海外事業を加速している。

日本ではライドシェアが「白タク」として原則禁止されているため、タクシー配車に特化する。中国では約500のタクシー事業者と連携する。中国で培った需要予測などの配車システムを生かし、効率性と利便性を高める。滴滴は第一交通産業ともタクシー配車で提携する計画だ。

日本では日本交通のグループ会社、ジャパンタクシー(東京・千代田)や米ウーバーテクノロジーズがタクシー配車サービスを提供している。ジャパンタクシーの配車アプリ「全国タクシー」は約6万台を呼べる。ウーバーは複数のタクシー会社と提携締結に向けた交渉をしている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン